美容業界で注目のプラセンタ!アンチエイジングや美肌効果に期待

植物性プラセンタも植物の胎座という部分から抽出したエキスになります。植物にも胎盤はないのでプラセンタとは違いますが、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富です。植物性プラセンタにも海洋性プラセンタにも成長因子は含まれていませんが、様々な栄養素が豊富なので美容効果は期待できます。

*

美容効果の高い病院で行うプラセンタ療法

   

病院で行うプラセンタ療法

プラセンタは、たくさんの女性たちが美容などに使われていることが多いですが近年では病院でも使用されています。その使い方ですが、ヒト由来である注射や内服薬として使用し美肌効果のほかにホルモンバランスを整える働きもありこれらをヒトプラセンタ治療と呼んでいます。

また、ヒト由来であることからサプリメントや塗り薬よりも効果があり吸収率や即効性が高くよりすぐに健康的で女性らしさを取り戻すことが可能です。他にも、年齢を重ねるうえで起こる更年期障害やホルモンバランスの崩れにも効き目がありメンタル面においても良い治療法だと言えます。

このように、さまざまな医療機関で使用されていますが副作用などの報告はなく安心して治療に専念することができると言えるでしょう。今までのように、顔だけではなく全身で若返りができるのも他にはない治療法でもあります。

これも、胎盤が持つさまざまな能力がヒトプラセンタを作り上げていると言えるます。

プラセンタ療法の費用はどれぐらいかかるのか

このように、プラセンタ治療は芸能人やモデルなど数多くの女性がしている療法でもあります。そこで、気になるのが費用だと言えますがエステに行くことを考えるとこのプラセンタ療法は安上がりな場合もあります。

プラセンタ療法は、その症状によって費用も変わってきます。例えば、プラセンタ注射であれば3割負担であれば1アンプル500円程度で済みます。更年期障害による注射であれば、保険が適用になるため1アンプル500円で1度使用することができます。

ただし、2回目からは自己負担になりますが週3回のプラセンタを2週間通院して行った場合77%の方が効果を実感しているというデータもあります。

他にも、肝炎や肝硬変、乳汁分泌不全の治療といった治療にも保険が適用になりラエンネックは1回2アンプル(=4ml)まで、メルスモンは1回1アンプル(=2ml)までと決められていることも念頭に置いて治療することが大切だと言えるでしょう。